Noichi’s Ideas乃一のノウハウ

塗装工事

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ

鉄部の塗装とは

鉄部の塗装は他の塗装工事と異なり、
基本的には「錆止め」と思っていただきたいです。
錆止め用塗料には、下記の種類があります。

------------------------------------------------------------------------------------------
◎鉛系錆止め塗料

錆止め塗料として一番歴史が長く現在でも使用されています。
錆止め塗料(OP)と記載されている仕様。
それほど錆の問題が発生しない環境向きです。

------------------------------------------------------------------------------------------
◎エポキシ系錆止め塗料

鉛系錆止めよりも遥かに錆止め効果があります。
錆止め塗料(EPO)と記載されている仕様。
錆の発生を今まで以上に抑えたい場合。

------------------------------------------------------------------------------------------
◎錆固め塗料

サンフランシスコのゴールデンゲート・ブリッジの塗装は
永年鉛を含有したサビ止め塗料が使われてきましたが、
塗り替え時のケレン作業(サビや旧塗膜をサンダー等で落とす)で
空中に鉛が飛散することから現在は使用が禁止され、
代ってこの錆固め塗料が使われています。

この塗料の特徴はサビを除去するのではなく固めてしまい、
新たなさびの発生を起こさせないというものです。
環境や物理的にケレン作業ができない場合、
より強固に錆止めしたい場合。
上塗り用塗料もいろんな種類がありますが、
代表的な塗料はやはりウレタン樹脂系とシリコン樹脂系塗料です。

Page top